神奈川県立松陽高等学校 校章神奈川県立松陽高等学校
サイトマップ 交通アクセス お問い合わせ
ホーム学校概要学校生活部活動
トップページ > 学校概要 > 校長室より
学校概要
松陽高校基本情報
校長室より
教育目標
沿革
所在地 ・ アクセス
進路状況
教育課程
学校目標
学校評価
不祥事ゼロプログラム
 校長室より 校長 伊藤 美紀

 神奈川県立松陽高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 本校は、神奈川県が「高校百校新設計画」を策定する前年の昭和47年に旧戸塚区の2番目の学校として開校しました。今年で創立47年を迎えます。これまで、地域社会や保護者の皆様の温かいご支援とご協力に支えられ、一万四千名余りの卒業生を送り出しています。


 今年は、278名の新入生を迎えて4月6日に入学式を行い、3学年とも7クラス体制となりました。本校は「学力」と「人間力」の育成に力を入れ、「自己実現をめざし、どのような課題にも果敢にチャレンジし、社会の真のリーダーとなる人材の育成」を図っています。生徒は、一人ひとりがこの目標に向かい、自覚をもって日々の生活を送っています。

 平成28年度より始まった神奈川県の県立高校改革実施計画において、本校は神奈川県教育委員会より「授業力向上推進重点校」(平成28〜30年間)の指定を受け、授業改善に取組んでいます。これとは別に、平成30・31年度の2年間については、国立教育政策研究所より「教育課程研究指定事業(国語)」の指定を受け、学習・指導方法及び評価方法の工夫・改善の実践的な研究を進めます。これらの取組みと共に、授業の質と量の充実のため、今年度より55分授業を採用し、生徒の一層の学力向上を目指しています。

 本校の校章は、太陽とそれを取り巻く三組の松葉で構成され、「知」「情」「意」の調和の取れた、剛健にして清楚な人間形成とたゆまぬ向上心を表しています。
  90%以上の生徒が参加している部活動や生徒実行委員会が主体となり企画運営を行っている体育祭・文化祭等の学校行事を通じて、コミュニケーション力や人間関係力の育成を図っています。また、部活動や学校行事では、なるべく多くの生徒が責任者として活動できるよう役割を決め、様々な課題に取組み、解決に向け努力する姿勢の育成に努めています。
 これらの取り組みを通じて生徒の達成感、充実感、自己肯定感が高まり、「知」「情」「意」の調和が図られ、生徒一人ひとりが新たなステージへ向かって挑戦する力になると信じています。

 松陽高校は、よき校風に時代の新しい風を取り入れながら、生徒の大切な3年間を有意義に過ごせるよう、職員一同、全力で教育活動に邁進してまいります。今後ともご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

 
 〒245-0016  神奈川県横浜市泉区和泉町7713番地  TEL:045-803-3036  FAX:045-802-9935

Copyright Shoyo Senior High School.All rights reserved.